ルートラボの地図をナビにして走れるアプリ「ルートラボビュア」がなかなか良い!

前回のパレサイの記事でも書きましたが、
昨日走ったときに「ルートラボビュア」のアプリを使ってみて、なかなかに素晴らしかったので、
そのレビュー的なものを書いてみたいと思います!

スポンサーリンク

ルートラボビュアがなかなか良い。これを待ってた!

使い方

ルートラボビュアでググって、アプリをダウンロードします。

ルートラボビュアー1

右上のメニューボタンを押して「ルートラボ」をタップ。

Screenshot_2015-04-20-15-08-13-min

そうするとルート検索の画面が出てくるので、
どっからどこまでのルートが見たいのか、適当に検索をかけましょう。

すると一般の方が投稿したルートがいっぱい出てくるので、
適当に良さげなのをピックアップ!

ok-min

検索で出てきたやつをタップすると詳細な地図がご丁寧に出てくるので、
拡大して見てみましょう!

これは携帯からだとやりにくいからパソコンから見たほうが早いかも。

Screenshot_2015-04-20-15-08-55-min

「君に決めた!」っていうのが見つかったら、「GPSログダウンロード」。

Screenshot_2015-04-20-15-10-46-min

ファイル名は適当につけましょう。

ルートラボビュアー1

そうすると地図データが保存されるので、トップに戻って「ルートを開く」。

Screenshot_2015-04-20-15-35-52-min

これでルートラボから見つけた、個人の人が投稿した地図がナビになります!!
すげー!!

赤くなってる線がそのルートです。
左下にある「追尾開始」を押すと自分の現在地と連動して、
ナビになるっちゅー仕組みです。

自転車NAVITIMEと比べて

自転車を買ったら、乗ってるうちにだんだん遠出にチャレンジしてみたくなるはず 最初から遠出目的で買う人もいると思います 自分は ...

いいとこ:ルートラボビュアのほうがめっちゃ反応が早い

iii

自転車NAVITIMEは、案内通りに進んでる時はスムーズでいいんだけど、
迷子になった途端、反応が悪くなります。

「そっちじゃない!お前はどこを走っているんだ!?バカなのか?

って機械さんが携帯の中で迷っちゃうらしく、
「そっちじゃありません!」って警告を出すまでにタイムラグがあるんですね。

わりと進んでから「ルートから外れています」とか言ってきます。

メメタァ

でもこっちの「ルートラボビュアー」には、タイムラグがない!!

ほんとに全くありません。
今いるところに瞬時に連動してくれます。

だから違う道に入っちゃった時もすぐわかります。

自転車NAVITIMEは、「迷った時にすぐ反応してくれない」とこだけがネックだったので、
これは非常にストレスフリーです。

坂道くん

悪いとこ:画面が自動で「ずっと点灯」にならない

phone-603048_640-min

当たり前ですが、ナビってずーっと画面が表示されてないと意味ないですよね。
見ながら走るんだから。

自転車NAVITIMEは、ナビ中は自動で画面が消えなくなるからいいんですけど、
こっちはそこまで考慮されて作られていなくて、

携帯本体の画面設定を変える、もしくはまめに画面をタッチしないといけません\(^o^)/

オワタ

それがちょっとストレスかな、、

「設定」から、
「画面の明るさ」と「スリープ」
(何秒/何分操作が行われなかったら画面消灯するか)をいじる必要があります。

Screenshot_2015-04-20-15-55-09-min

ナビ出してる時は基本的に無操作なので、
何秒かごとに消えられたらたまったもんじゃありません。

だからスリープもいじる必要があるんだけど、、
最大で30分までしかないっていうねw

ある程度全体のルートを頭のなかにいれておいたほうがいいですね。

多分、携帯の機種によってはいい方法があるかもしれません。

ルートラボビュアーはかなり使える!

thumb-422558_640

というわけで、ルートラボビュアーは残念な点もあるけど、
総合的にかなり使えると思います。

携帯からネットでルートラボを開いて、その地図から連動させるってこともできたんだけど、
あっちは地図もちっちゃくて見にくかったので、アプリの方が断然快適です。

方向音痴orもっとストレスフリーな新しい道を探したい!って人に最適です。

車の少ない”抜け道”を開拓したかったら、
ルートラボでいろいろ検索してみましょう!

で、秘密の抜け道を知っている方がいたら、
バンバン投稿してください。

オナシャス!

オナシャス!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする