いろんな”軽量”ロードバイクを集めてみた&軽量化は最重要ではないさ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

自転車ニュースサイト、Cyclistを見ていたら、

メリダが世界最軽量4.56kgのロードバイクを発表!!というのを見かけました。

へー、世界最軽量を作ったのがメリダかーとちょっと意外に思いつつ
量産が得意で、技術はあんまりなのかな?ってイメージだったのでw)

4,5kg台の軽量ロードバイクってどれくらいあるのかなと思って、ちょっと検索してみました。

スポンサーリンク
レクタングル大

世界の軽量ロードバイクをいろいろ調べてみた

MERIDA/スクルトゥーラ9000 LTD 4.56kg

merida01b-600x400
photo by Cyclist

これがさっき言った、発表したてホヤホヤの
MERIDAの4.56kgバイクです。

完成車で4.56kg。

お米より軽いです。

そう考えるとすごいよなあ。

パーツは、ほぼカーボンで構成されています。

スクルトゥーラって、名前が強そうだけど、
(クトゥルフ的な)
イタリア語で「彫刻」って意味なんだって。

外人4コマ

ヒューッ
かっけー!

20150412103826

あれ?
でもメリダって台湾のメーカーじゃなかったっけ?

どっから出てきたんだイタリア語はw

とはいえこれは名前に全部持ってかれるくらいかっこいいので、
突然のイタリア語は正解だったと思う。

真っ黒車体もシンプルでいいね!
個人的には、シンプルすぎてちょっと物足りない気がするけどw

現在、開催中のジロ・デ・イタリアで、メリダチームが実践で早速使っているらしい。
こんなすごいマシンがすでに裏で暗躍していたとは・・・

f4e3d4bc9c01c83531aaf372a8bf930b3cb227611389078005-s

日本での販売価格はまだ未定ですが、
100万は越えるとして、200万いきそうなんじゃない?w

TREK/EMONDA 4.65kg

occkg3000000gqu1
photo by BIKE PLUS

こちらは4.65kg!

上のメリダが出るまで、このTREKが最軽量の座にいたのかな。
エモンダって、名前だけは聞いたことあります。

ステムとハンドルが一体型になってたり、
フレームに直で取り付けるブレーキ(?)を採用していたり、

細かいとこの積み重ねで軽量軽量軽量。

こういうのは、
「こんな細かいとこまでやんなくていいよ!たいして変わんないだろ!」
バンッ
ってとこを
あえてやる仕事になってきますねw

ステムとハンドル一体なのは面白いね~
ってことはそう簡単に調節できないってことかな?w

ty

今思ったんだけど、バイクのサイズがちっちゃければちっちゃいほど、
より軽量化は簡単なのでは?

つまりチビ女子向けにもっと開発していけば、
3kg台にもっと早く到達できるんじゃないの~~~

(売れない)

TREK EMONDA、お値段は、159万円です。

パトラッシュ

SCOTT/ADDICT SL 5.86kg

scott
photo by バイシクルドットコム

このSCOTTも2015年モデルで、最近のやつですね。
フレーム重量710g。

ものすごい近づいてよーーーく見てみると、
ロゴが見えますw

ロゴ、白にしたほうがよかったんじゃね?
しかし、部分オレンジはなかなか他にない気がするのでいいねー。

まあ完成車でいろいろ見てたんですが、
あんまり重さ書いてあるやつがない!!

フレーム買って自分で軽いパーツ、ホイールなどをつければ
誰でも(?)、かなりいい線まで軽くできるかとw

だから、意外と5kg台の自転車に乗ってる人は、
わりとそのへんにゴロゴロいるのかもしれませんねw

特にレース会場だとw

cycle-663342_640

総評:軽量ロードバイクは

こうして並べて見てみると、いろいろ共通点があることに気づきます。

その1 名前が強そう

  • スクルトゥーラ
  • エモンダ
  • アディクト

どう見ても3大ラスボスだし中二病ホイホイです。

ドラ●エとかFFに出てきそう。

その2 高い

今は、意外と5kg切るのって普通になりつつあるのかな?
と思ったら、4kg台は今のところTREKMERIDAだけです。

自分が思ってる以上に、自転車軽量化の開発って難しいんだなーと。

勝手に、もっと進化してるかと思ってたw

1gでも軽くするために、いろんな人達が
研究に研究を重ねまくってるんだなーと
今までぼんやりしてたけど、その凄さを改めて認識できた気がしました。

技術職って本当にすごいよなあ。

metal-spinning-645620_640

その3 地味

偶然かもしれないけど、みんな色が真っ黒地味です。

間違ってもDE ROSA IDOLのようなカラーにはなりません。
idol2015_black_fluo_pink
多分、軽量重視の自転車がピンクなんかになりだしたら、

キチ●イ認定されます。

それもそのはず、軽量自転車を買う人は、当然街乗り用じゃなくガチ勢なので、
見た目に重点を置いていません。

だから、カラフルさとかオリジナル要素を出すと、
逆に売れなくなるんだろうな(笑)

いいじゃないか、可愛くて軽くったってさ!

あ、もしかして塗料も重くなるからとか?
そんなん言われたらお手上げすぎるで!!

オワタ3

この調子でいくと、
3kg台突入も、あと5年以内くらいには実現しそうか!?

3kgって、逆にちょっと気持ち悪いけどww

そうしたら、輪行も軽くてラクだよな~
いいな~

前に、ミラクル・サイクル・ライフで、パーソナリティの石井さんが、

「高いパーツ代払って軽量化するなら、
自分が1kg痩せたほうが早い」

って言ってて、その時は、いや、そういう問題じゃない!と思ったけど、

今は、確かにその通りかもしんねーなとw

軽量化は最重要視ではない

belly-2354_640

これは一般人でも、選手でもだけど、
バイクの重さ最重要ではない。

結局は、その人のポテンシャルが一番大事なのである。

レースに出てる人たちの中で、
一番軽いバイクに乗ってる人がいつも勝つのか?っていうと
そうじゃないし。

何年か前に、右京さんと今中さんが、大阪にある
ペットボトルを置こうとしても傾斜で倒れて来ちゃうような激坂を、

クロモリだかアルミだかで登りきっちゃって
今もてっぺんにある団子やさんに写真が飾られてるとか言ってたし。
(このラジオで聞いた話、なぜかすごい印象に残っているw)

形から入るか、「とにかくやってみる」かの違いである。

形から入るやつは、「知識はあるけど」っていう、
頭でっかちで止まっちゃうやつ。

そして無駄にプライドが高いw

だから、今回のジロ・デ・イタリアで、
MERIDAの4.56kgチームが絶対勝つのか?といえば、
そうではないと思うし。

それこそ、全盛期のカンチェラーラなんか、
500g、800g違おうが
あれは誰にも止められなかったと思うしw

1kg重くてもあんまり変わらなかったかもしれない。

だから、これから買う人は
「軽さ」「性能」なんてどうでもいいので、

色が気に入ったとか、ビビっときた!っていう、
運命の出会いで決めてほしいですね。

道具がうんたらじゃなくて、
自分自身が成長することが一番大事だよって話です。

どんな事柄であれ同じ。

日本人は形から入る人がすげー多いからなー

自分も含めね!!

axapz3g8


ポチッとしていただけると励みになります・・・!
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする